札幌に不動産を持っている方が離婚した場合の解決法

焦らずしっかり方法を準備して解決していきましょう

長い人生の中で考えたくはありませんが離婚を経験することもあります。
はしご
時代の流れと共に夫婦間にも様々な問題が起きるようになり、
そしてライフスタイルの変化により離婚を考える人が
増えている傾向にあります。

結婚して数ヶ月で離婚する夫婦もいれば、
何十年と連れ添ってきた夫婦が晩年離婚するケースも増えています。

日本でも離婚件数は増えており、北海道札幌市においては
離婚率の全国平均を大きく上回っています。


一言で離婚と言っても、離婚届にサインするだけではありません。

夫婦間の置かれている状況によって、様々な問題が発生してきます。

離婚時に最も多い相談が不動産に関する問題です


例えば、結婚をしてマイホームを購入し、
子供も生まれたにも関わらず離婚しようとする夫婦がいるとします。

一般的にマイホームを購入する際に契約する住宅ローンの名義のほとんどが夫名義になっていると思います。

しかし、住宅ローンの返済は途中であるにも関わらず、
マイホームに住み続けるのは妻と子供というパターンが非常に多いのです。

子供が学校に通っている場合はなるべく転校をさせない配慮であったり、
夫の浮気が原因で離婚するのであれば、妻への慰謝料代わりであったりと理由は様々です。


また、マイホームを購入される際に損か得か、
まさかの離婚を考えて計画を立てる夫婦はいないと思いますので、
購入におけるマイホームの損得についても先を考えて購入前に知っておいた方がよろしいでしょう。

住宅ローンの名義が夫になっている事から住宅ローンの返済は夫が払い続けなければなりません。

ですが、夫が住宅ローンを完済する保証はどこにもありません。

途中で行方が分からなくなる事例も珍しくないのです。

従って、離婚に不動産が関係する場合には細かいところまで取り決めを行う必要があるのです。